2010年08月31日

変化あさがお いろいろ

九州大学の種から、
当工房では合計5種の「変化」が出ました。
SN3F0256.JPG


青、ラッパ型。

SN3F0261.JPG

双子咲き。中央がくびれてます。

SN3F0263.JPG

出た!花弁が裂けている。


SN3F0289.JPG


これも出ました!八重の朝顔です。





posted by watermark at 00:32| 神奈川 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

御殿場アートクラフトフェア

昨日今日、静岡市御殿場では
こーんな楽しげなイベントをやっています。
今回は参加を見送った、リン版画工房、
ツバメ活版堂ですが、
私もユニットメンバーである「てんてん堂」の
ちばえんちゃんが、今回は実行委員で
がんばってます。

告知が遅くなりましたが、みなさん
東名下り線をれっちごー!

ごてんばアートクラフトフェア2010
posted by watermark at 12:19| 神奈川 ☁| Comment(0) | 旅する工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

リノカット進行中〜

SN3F0294.JPG

すべすべのリノリウムで主版、
ちょっと凸凹のあるリノリウムで色版。
凸凹が、ベタ版でも、表情のある、ざらっとした
風合いの色付き感にしてくれるので
なんだか面白いです。
この水色、ちょっと流行ってます。
地色のある紙に多色刷りも、古印刷のような
いい雰囲気に。
ラベル:リノカット
posted by watermark at 00:50| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

うちわ冷えてます

毎日毎日、暑さがこたえますね。

工房に通って来て下さるだけでも
だいぶ体力消耗されているのではないでしょうか。

冷房の効いた工房に入ってもすぐには汗は引かないもの。

で、ドア横に、うちわ、ぶら下げておきました。

「あち〜〜」と、まずは団扇で汗をさまして下さいね=

SN3F0256.JPG


変化朝顔の一つ、青いあさがおです。
posted by watermark at 01:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

リノカット進行中

夏の特別技法 リノカットです。

いままで木口木版やビュランを体験された方には

おおお、というくらい なめらかにさくさく彫れる感動が。


SN3F0259.JPG

SN3F0258.JPG

SN3F0257.JPG

参考作品を資料にしつつ、
なかなか味わいのある作品が仕上がりつつあります。

夏のお便りにも、さっと彫れてさっと刷れるので
活躍しそうです。
ラベル:版画
posted by watermark at 00:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

工房の変化あさがお

毎日お暑うございます。
そんな中、工房まで来ていただけること自体、
ありがたいです。
工房には。冷茶を用意していますので、
お帰りの際は、まずのどを潤してから、ご帰宅くださいね。

さて、工房が始まる10時にはしおれているので
お気づきでないかと思いますが。

階段上の手すりに、もじゃもじゃと朝顔が巻き付いております。

これ、ただ者ではありません。

お教室のEさまから頂いた、貴重な、江戸の朝顔。

コアなファンがアツい、変化(へんげ)朝顔なのです。

名前は可愛くないQ663。九州大学の研究室から来たから・・・・

昨年の種から、今年はどんどん変化が現れました!

随時ご紹介いたします。

最初に咲いたのは、昼顔のようなラッパ型、白地にまるで絞り模様のような
茄子紺の斑が入ったこちら。
SN3F0248.JPG

SN3F0252.JPG

SN3F0259.JPG

「江戸しぼり夏浴衣美人」 と名づけさせていただきました。

posted by watermark at 12:52| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルトン講座2

カルトン講座2日目です。

前回の裏打ち布の、角の始末の様子です。
いせ込んだ後、へらで平につぶします。
SN3F0261.JPG


SN3F0264.JPG

布張りしたボードの内側に、フェザーワルツ紙を張り込みます。
溝を掘ったところは、へらでしっかりと溝筋をつけます。

少し長めに切ったリップルボードに中心線をひき、
そこから左右対称に幅を取り、ボンドで布ばりしたボードを貼ります。
このとき、ボード同士がきちんと平行になるよう気をつけないと、
ぱたんと合わせたとき、互い違いになってしまいます。

リップルボードの天地のあまりを化粧切りして、ボードと一体感を出します。
内側に、ボンドでまず寒冷紗、その上から楮の和紙を張り込んで、
いわゆる「蝶番になる部分」の補強の完成です。
紙で出来ていますが、5年使っているものでもまだまだ丈夫です。

平行ポンチカッター?というべきなのか?
平形のカッターで綿テープを通す箇所に切れ込みを入れます。
このカッター、オルファ社製ですが、廃盤。
製本関係者から、復活を望む声多数なのです。
オルファ様、お願いします!

SN3F0265.JPG

杉彩テープを通し、溝にボンドで固定。

SN3F0266.JPG

完成です!
お疲れさまでした!


posted by watermark at 12:35| 神奈川 ☀| Comment(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。