2009年08月06日

なつやすみ

7月の最後の週は、お教室も終わり
版画工房の夏休みを取らせていただきました。

九州方面に行ったのですが、
今年は、もとい、今年も!ですね、異常気象で
暦が狂い、
梅雨の明けない九州地方は豪雨の日々。
災害に遭われた方々が早くもとの生活の戻れるよう
お祈りいたします。


寒すぎて凍える海水浴など夏休みメニューもこなし、

長崎の街歩きで見つけた面白い場所をご紹介します。

これが入り口です。出島横のとても古いビルです。
SN3F02280001.jpg

階段を上がると、高い天井まで届く窓から差し込むあかりが印象的な
List:」という雑貨屋さんがあります。

作家もの、素材感がよいものなど、センスよく並んでいます。
SN3F02300001.jpg


私たちは
山本亮平氏の
お皿を購入、オーナーさんと少し立ち話。
SN3F02310001.jpg


(山本さんの作品は恵文社一乗寺店でも購入できます)



あ!アノニマ・スタジオの
「旅する灯台」発見。なになに、波佐見の雑貨カフェにて?
え、最初はここでやらないかというお話で?ふむふむ・・・

さて、話はそれますが、
長崎は活版印刷発祥の地。
グーテンベルグ型の印刷機で日本で初めて聖書を刷ったのです。
list:のオーナーさんとお話ししながら
ちょっといろいろイベントを妄想してしまいました。

妄想時間が長過ぎて
奥に新しく出来たオリジナル手ぬぐい屋さんを見られなかった。
次回訪問時にはぜひ。

長崎にお越しの際は、
古くて新しい発見の「出島資料館」やグラバー園など、
そして味わい深い街歩きをお勧めします。


ひらめきお知らせひらめき
現在販売中の「天然生活9月号」で
美篶堂でのリン版画工房木口木版講座のレポートが
掲載されています。9月の講座情報もあります。

posted by watermark at 16:37| ☁| Comment(0) | 旅する工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。