2012年04月05日

台湾訪問記2

日星鋳字行さんの中の様子です。


膨大な活字。

_DSC0691.jpg

























ひらがな。

_DSC0712.JPG


















_DSC0693.jpg

















_DSC0695.JPG





















夏はさぞかし暑い作業でしょうね。

_DSC0738.jpg


























筆談や片言で会話していたら、おばさんがどこかに携帯で
電話していました。
おもむろに、「代われ」というので電話口に出てみると
「あの、かけてきたひとがだれか名乗らなかったので
どこからかかって来ているのかわからないんですけど」という
困惑した日本人女性の声。知り合いの日本人に援助を求めたらしく
目の前に名刺が差し出されたので見てみると。
「青木由香」
とある。  ええ〜?
台湾在住の青木由香さんの著作「好好台湾」で、日星さんの
住所など調べて来たのです。ご本人とお話しすることになろうとは
夢にも思っていませんでした。
その後、こちらの質問など通訳していただき、本当にお世話になりました。

好好台湾 (MARBLE BOOKS) [単行本] / 青木 由香 (著); メディア・パル (刊)



さて、その後、おじさんに手招きされた先には
あれ?エッチングプレス機が。

posted by watermark at 17:31| 神奈川 ☀| Comment(0) | 旅する工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。