2007年05月24日

活版印刷で。

こんにちは。
長いこと更新されずにいた工房のおたよりです。

世田谷で行われた、
活版再生展

20日 日曜日に終了しましたが、行かれましたか?

当工房においても
人気上昇中の、テキンによる活版印刷。

木下綾乃さんとの出会いも、
いまふたたび、注目をあびつつある、
活版印刷の世界の流れだったのかもしれません。

当 工房でも、手の仕事、手の技が、
あまりにも急速に世界からこぼれ落ち、
忘れ去られていく事に
不安と、なによりもったいないではないか!
という思いで
活版印刷の環境をほそぼそと整えてきました。

刷り文字文化。
残したいですね。


http://www.setagaya-ac.or.jp/ldc/modules/events/event_detail.php?id=98
posted by watermark at 11:14| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42754931
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 活版印刷活版印刷(かっぱんいんさつ)とは、活版(活字を組み合わせて作った版)で印刷すること。また、その印刷物。鉛版・線画凸版・樹脂版などの印刷も含めていう。活版刷りともいう。.wikilis{font..
Weblog: デザイン用語【か〜た行】
Tracked: 2007-10-05 17:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。